« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

11月1日、2日のかごしま百円茶屋に参加します!

これまた、「大根占ふかみ会」は「かごしま百円茶屋」に参加します。

今回は11月1日、2日の2日間、東京駅日本橋口にて。

今回は、16時以降は、お茶から焼酎の提供に変わります。焼酎の日のイベントみたいです。

今回は、隈さんと昌くんの参加となります。

スケジュールを書いておきます。

10月31日(水) JAL鹿児島7:50発 → 東京(羽田)9:25着

宿泊ホテル:ホテルユニゾ新橋(2連泊)

11月 2日(金) JAL東京(羽田)19:00発 → 鹿児島20:55着

| | コメント (29) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

かのやばら祭りにて

かのやバラ園にて、肝属郡茶業青年の会でお茶の試飲販売会開催しました。


明日もやってますのでよろしくお願いします。
1210271

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

かのやバラ祭り 試飲販売おしらせ

10月27、28日は霧島ヶ丘公園で開催中の「かのやバラ祭り秋」で肝属郡荒茶品評会の上位茶を販売します。

鹿屋のお茶青年がメインで僕達も手伝いで参加します。
11月に静岡で開催される全国お茶まつりへの大会参加旅費などになりますので沢山の方に飲んで買っていただきたいと思います。
スタッフは8時にお湯を入れたポットを持ってバラ園に集合です。
鹿児島のイオン駐車場でも錦江町特産物PR販売があります。
こちらは浩さんがスタッフ参加されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

ふかみ会 今後の活動予定

お疲れ様です。
飲み会でも、話しましたが、とりあえず11月までの決まっている行事です。

10月
27・28 郡茶業青年のお茶 PR 鹿屋バラ園

27・28 錦江町PR
イオン駐車場

11月
1・2 東京百円茶屋

1 県茶青年レク

2 闘茶会 練習

7 大根占小学校
淹れ方教室

11 錦江町秋祭り

15〜17 全国大会 静岡

21 肝大 講演会

28 郡 ゴルフ

下旬 高山小学校

淹れ方教室

12月

17 県先進技術講習会

ご協力よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

送別会&歓迎会

大根占ふかみ会の呑んかたを○我利多にて全員参加で開催

はずんでます!

表向きはJA職員の送別会&歓迎会。
Dsc_0064_r

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

茶業振興会 秋整枝講習会

振興会の秋整枝講習会も開催されました。

今回は芽重と芽数の茶園でサハミの入れる高さの勉強でした。
遅くなると芽が冬に大きくならないので時期を間違えないようにとのことでした。
今回10月で鹿屋に移動になったT違くんの挨拶がありました。
新天地でも頑張ってくださいね。
2012_10_15_10_28_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

大根占ふかみ会の現地検討会。

今日は午後より大根占ふかみ会の現地検討会。

今回は秋整枝についての検討を中心に大隅茶業試験場の田中先生に着ていただいてご助言いただきました!
真剣ながらも楽しく検討会が進みました!
もうこんな時期何ですね。
一年は早いものです!


121091
1210092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

お茶の入れ方教室 宮富小学校

今年からふかみ会が隣町の肝付町も入れ方教室の担当になりまして、お昼から肝付町の宮富小学校でお茶の入れ方教室で開催してきました。

5年生8名、6年生10名、先生6名に。

本日も先生は浩さんで小学生を相手にノリノリでお茶入れてくれました。

子供たちはみんな美味しいとお茶を飲んでくれました。

今回のお茶うけは、まとはらのお茶ロール。
いつもと違って白い粉がふりかけてありました。

きもつきFMの取材もあり編集して放送されるそうです。
浩さんは緊張もせずインタビューも受けてました。

放送日がわかったら告知します。
121004_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

肝大 創立記念講演会

9月28日に肝属青年農業士会、略して肝大の創立記念講演会が開催されました。

講師は霧島食育研究会代表の千葉しのぶ先生。

講演内容は「食べ物にはドラマがある」という話でした。

子供にちゃんとご飯を食べさせて、子供が自分でも作れるように教えなさいと。

後は大きくなってからも家庭の味、おふくろの味は思い出になるのでそれを伝承していけるようにと。

千葉先生は霧島で畑を持って子供たちを集めて種植えから収穫までの体験や家庭料理を持ち寄っての食の文化祭などを開催されているそうです。

近所のおばあさんを先生にお願いして、昔の料理を作ったりと。
レシピを見ながら作るのではなく見てやって覚える伝承型だそうです。

話を聞いて昔を思い出して子供のころを思い出しました。

ばあちゃんとうっだい菓子作ってたのを

料理がめんどくさいと思わずに子供たちに美味しいもの作って食べさせようと思うそんな話でした。

NPO法人霧島食育研究会
http://www.geocities.jp/kirisyoku/
120928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »