« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

初代顧問

先日、ふかみ会の初代顧問のM座さんが久しぶりに遊びに来ました。

いつもブログを見ているよと言うことで、「折さんの事ばかり書かずにたまには私の事も書きなさい」と司令が出ました。

「久しぶりにあったら痩せてキレイになっていた」と書きなさいと・・・
嘘は書けませんよねw

いつものように元気でしたので、5月15日の町の品評会の頃にみんなで会って話しましょうね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

新茶終了間近

一番茶も終了間近になりました。
ヤブキタもほぼ終わりで残すは、おくみどりかな。

短期集中で茶工場も毎日朝早くから夜遅くまで動いておりましたね。
皆さんお疲れ様でした。

もうひと頑張りしてGWはゆっくりしましょう。

2番茶の芽もスクスク育ってますね。
我が家の昨年の2番茶は5月24日から始まっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

新茶ピーク

毎日お茶摘みお疲れ様です。
昨日今日あたりがピークでしょうか?

ふかみ会の集めるお茶の分量のメールが浩さんから来てました。
全部市場に出す前に取っておいてくださいね。

それと青年の共進会のお茶も出すの忘れないでください。
生産履歴も必要ですのでよろしくおねがいします。

みなさん用紙は持ってますよね?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

新茶初取引会 2012

いよいよ今年も始まりました。
新茶初取引の事が南日本新聞に掲載されておりました。

記事よりますと。

 2012年産の新茶初取引会が11日、全国のトップを切って鹿児島市の県茶市場であった。県内各産地とも霜害などもなく順調な生育となっており、キロ当たりの平均価格は4643円(前年比906円、24%高)と上々の滑り出しを見せた。
 初取引会には、南九州市や枕崎市など5市4町から135点、8.4トンが上場。指定茶商28社のうち27社が入札に参加し、関係者らが水色や香りを念入りに確かめながら値をつけた。
 同会議所などは20日から東京で新茶キャンペーンを展開。日本一早い「かごしま茶」のPRに取り組む。

だそうです。

最近は価格が低迷しておりましたから、作り手としてはありがたいことです。
このまま価格で最後まで続くと良いですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

かごしま漬物大使

南日本新聞を読んでいたら隅っこの方に「かごしま漬物大使」の記事がありました。

その記事によりますと。

「お茶にあるなら、漬物にも作ろう。」鹿児島の漬物の魅力を発信する「かごしま漬物大使」に大学教授や歌手ら鹿児島ゆかりの10人を任命した県漬物商工業協同組合。
水溜理事長らは、かごしま茶をPRする「かごしまお茶大使」をヒントにしたという。

漬物の消費も伸び悩んでいるそうで県内の出荷額も減っているそうです。

漬物とお茶は相性も良く、無くてはならないパートナーですからいつの日かコラボレーションできると良いですね。

かごしま漬物大使の方で超気になる前田留美さんといつかイベントでお会いしたいものですw

かごしま漬物大使

http://www.tsukemono-kagoshima.org/img/tsukemono_taishi.pdf

前田留美オフィシャルサイト

http://maedarumi.main.jp/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

我が家も

我が家もゆたかみどりの茶摘み始まりました。
昨年より2日遅いスタートとなりました。

怪我しないように安全運転で頑張ろうと思います。

みなさんも元気に新茶シーズンを乗り切りましょう^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

お茶の淹れ方教室を東京で お知らせ

5月の百円茶屋の日の午前中に東京の小学校で45分2コマ「お茶の淹れ方教室」の依頼がふかみ会に東京のほうからありました。

せっかくのお話ですのでお受けしました。

大消費地の東京で淹れ方教室ができるというチャンスです。
通常は地元でしかできないですからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新天地

今日から新学期やら始まりますね。
転勤や移動があって新しい職場でお仕事の方もいらっしゃるようで。

折さんも移動で南薩方面へ移動されたそうで、行政関係を担当されるそうです。
お茶関係も担当されればいろんな会で合えますね。

折さんがいた席が空いたところに大隅振興局から誰かいったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

出来は上々、新茶摘み

今年もいよいよ新茶シーズンが始まりました。

4月5日の南日本新聞に浩さんのクリタの茶摘みの記事がでました。

記事によりますと。
錦江町の大根占地区で4日、鹿児島県本土のトップを切って、出荷向けの茶摘みが始まった。
同町産は味や香り、形状など評価が高く、昨シーズンは1番茶の本茶価格が1キロ約4000円と県内最高値を付けている。

同町城元などの約26ヘクタールで栽培する大規模生産農家の城下製茶は、鮮やかに色づいた平野部の茶畑6アールを収穫。

乗用型摘採機で200キロ近くを取り込んだ。
茶葉は昨年末からの冷え込みにより休眠が十分で、作業に当たった城下浩一さん(36)は「降雨量も平年並みでストレスなく生育し、出来は上々」という。

同町産業振興課によると、町内では80戸の農家が約270ヘクタールで栽培し、今年の売り上げは10億円を目標にしている。

だそうです。

新聞には写真も掲載されており、昌君とケンジ君がかっこよく写っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

鹿児島お茶大使 6人目に

噂に聞いておりまたが、6人目の鹿児島お茶大使の発表がありました。

南日本新聞によりますと。

かごしま茶の魅力を全国に発信する「鹿児島お茶大使」に鹿屋市出身の女優、国生さゆりさんが就任し31日、東京で委嘱式があった。6人目で女性では初めて。

北郷栄・県茶業会議所会頭らが委嘱状やPR用のサンプル茶を手渡した。

国生さんは「鹿児島のお茶は本当においしいけれど、全国的にイメージがあまり浸透しておらず残念。さまざまな場面でPRしたい」と語った。

ということで新茶に向けてますます賑やかになりますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »