« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

全国茶サミット静岡大会

昨日、今日と静岡で全国茶サミットが開催されているそうです。

静岡新聞茶況によりますと。

1月30日掲載

 全国の茶どころ市町村長らが一堂に会する「全国茶サミット静岡大会in牧之原」(同実行委主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が30日午前、牧之原市で開幕した。関東から九州まで県内18市町を含む43市町村が参加し、2日間の日程で新時代の茶業振興策について意見を交わす。 サミットは静岡空港展望台にほど近い高尾山石雲院で幕開け。実行委員会会長を務める西原茂樹牧之原市長は「いよいよ静岡空港が開港し、新たな交流が始まる。お茶を通じ、さまざまな議論を深めたい」とあいさつした。市町村長らは緑茶の消費拡大を図るための取り組みを報告したほか、消費者需要に対応した新商品開発や国内外の消費者との交流などについて話し合った。
 榛原庁舎周辺では消費拡大イベント「牧之原お茶まつり」も始まり、静岡牧之原茶の試飲・販売や手もみ茶の実演などを繰り広げている。31日まで。
 午後は榛原文化センターに会場を移して記念大会を開く。サミット宣言を採択し、全国にお茶の可能性を発信する。
 サミットは1996年に始まり、県内開催は掛川、静岡、菊川市に次いで4回目。

1月16日掲載

 全国茶サミット静岡大会in牧之原(同実行委主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が30、31の両日、牧之原市内などで開かれる。約100ヘクタール以上の茶園を抱える全国の茶どころの市町村が参加し、茶業振興や消費拡大、茶文化普及を図る。
 1996年から各地で開かれ、13回目。本県の開催は掛川、静岡、菊川に次いで4回目となる。
 テーマは「緑茶『大交流時代』始動!―日本のお茶から世界のO―CHAへ」。県内19市町を含む全国43市町村の首長や担当者が一堂に会する「市町村長会議」で幕開けし、静岡空港近くの高尾山石雲院を会場に、茶業振興に向けた各地の取り組みなどについて意見交換する。
 記念大会は橋本俊治伊藤園副社長の記念講演や茶業関係者らによるトークセッションを行う。サミット宣言も採択し、産地間の垣根を越えてお茶の魅力を発信する予定。
 消費拡大イベント「牧之原お茶まつり」は牧之原市役所榛原庁舎などで茶の試飲や販売、茶関連商品の展示などを2日間にわたって繰り広げ、一般消費者ら約5000人の来場を見込む。視察研修会は市内外の茶業関連施設や静岡空港を訪れる。

だそうです。

マニアなゆうさんも出店されているそうで、昨日は大繁盛だったようです。

http://sacocolo.cocolog-wbs.com/blog/

お近くの方は是非足をお運びください^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

鹿児島県茶業青年の会 懇親会・二次会

室さん総会お疲れ様でした!

最近のお茶の会に行くたびに「厳しい!厳しい!」という言葉しか聞かなくてつまらなかったですが、昨日の懇親会では、みんながお茶についてワイワイと楽しそうに、そして真剣にあちこちで話しているのを見て、ある意味、茶業業会の明るいニュースじゃないかなぁ〜と思いました!

二次会でも女の子そっちのけでお茶の話で盛り上がりました!

正直、どんだけお茶が好きなのよ!ってツッコミたくなるぐらい楽しい日でした!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鹿児島県茶業青年の会 経営改善研修

県茶業青年の会の総会と経営改善研修会行ってきました。

0901291

経営改善研修は

1、平成21年産茶に向けて(県経済連茶業部)

最初に21年産茶の見通しの話がありましたが、リーフ茶の需要減退や贈答需要減退から在庫は増加傾向で、統一販売会では平均単価は下回り、産地入札会ではそれぞれの茶時期の平均単価と比較すると1、2番茶の単価は70%前後だったそうです。

リーフ茶の消費は低迷傾向にあり全世界的な不況もあいまって厳しい状況も予想されます。

そのような中でも良質なものを求める動きは強く品質による格差が広がる事がよそうされるそうです。

今年も厳しいようです^^;

2、茶園の肥培管理を考える(県農業開発総合センター茶業部)

肥料をふるうねまのHP、茶における各養分の吸収量、窒素施用量と溶脱量、窒素施用量と吸収率、肥料・土壌由来窒素の時期別吸収などいろんなデータでわかりやすく説明いてもらいました。

効率よく肥料がふれれば低コストに繫がりますからね。

いかに溶脱を少なくしてふった肥料の吸収率向上を目指すかですね、そのためには栽培・土壌管理や省力的で効率的な施肥技術の開発など考えなきゃですね。

家も試しに株下まで肥料ふってみようかな。

3、組織活性化事業発表(有明町若葉会)

テレビや新聞でおなじみのティーバック開発の取り組みについて発表がありました。

班分けをして、(A仕上げ・配合 Bバッグ開発 Cパッケージ班 D市場性評価班)それぞれいろんな取り組みをして完成に至ったそうです。

お茶の配合割合やバッグの素材大きさ、など。

みんなで取り組んで1つの形のものが出来たのが凄いですね。

市場調査でも美味しいと評判で追加注文が殺到しているそうです。

コレまでのティーバッグがよっぽどイメージ悪かったんでしょうね、コレを機にお茶屋さんもティーバッグに力入れてくれないですかね。

0901292 0901293

その後、総会も無事に終わり。

今年度は「淹れ方教室」を沢山出来るように予算を多く組んでありました。

売れないときこそPR活動に力を入れなきゃですね。

表彰部門では、品質向上共進会で錦江町の上位5名の合計が1001点で団体3位でした。

それと機関紙の「らくがき」でふかみ会の活動が記事になりまして、3ページ使ってでこれまでの活動内容が写真付きで紹介されました。

まだまだ頑張らなきゃですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

鹿児島県茶業青年の会 総会

これからみんなで鹿児島県茶業青年の会の定期総会と経営改善研修会に参加してきます。

場所 ジェイサイドガーデンパレス

12時30分~13時30分 受付

13時30分~13時50分 平成21年産茶に向けて

13時50分~15時10分 定期総会(事業実績及び計画)

15時10分~15時30分 各種表彰(茶品質向上共進会等)

15時40分~16時40分 研修会「茶園の肥培管理を考える」

16時40分~17時00分 組織活性化事業報告

の予定になってます。

その後、懇親会があってみなさん天文館に消えていきますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

南九州市振興大会

何日か前の南日本新聞に南九州市の記事が出ておりました。

記事によりますと。

日本一茶産地発展を 南九州市で初の振興大会。

第一回となる南九州市茶業振興大会が20日、知覧文化会館で開かれた。

価格低迷や資材高で厳しい茶業界の情勢を踏まえ「日本最大の茶産地の維持・発展のための茶業者の総力を結集しようと」などとするスローガンを採択した。

生産者組織である市茶業振興会の主催。

功労者として松元政孝、瀬川静、村永正治、大隣講平、川原徹三の五氏らの表彰があった。

静岡県の製茶メーカー、カワサキ機工の井谷照夫技術顧問(61)が講演し、急須でいれるリーフ茶の販売不振について「生産者や茶問屋が量販店を優先し、多様化する消費者ニーズに応えてこなかったため」と指摘。

昨年8月以降リーフ茶の消費が前年度を上回って明るい材料を示す一方で、業界内の格差の顕在化に言及し「買い手が求めるお茶を作る責任と義務が生産者にはある」と産地側の意識改革を呼びかけた。

だそうです。

世界不況で外食が減ってその代わりに家でネットで取り寄せるそんな時代が来ているようですね。

お茶の通販も星の数のようにありますからね^^;

そこで生き残るのも至難の技かと思いますが。

次回打ち上げのスペースシャトルで若田さんお茶飲んでくれないかなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

肝属地区茶業青年の会 懇親会

お疲れ様です。

昨日はみなさんのおかげで無事に総会を終えることが出来ました。

人数も多く、本当によかったです。

090126

色々な話も出ましたので、2月2日に郡の振興会の理事会で意見を言ってみたいと思います。

また同じ日には青年農業士の会もあります。

よろしくお願いします。

あっ、29日は県の総会もあります。

ホテルもとってあります。

なんか・・・すみません。

仕事出来てます?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

肝属地区茶業青年の会 総会

今日はこれから肝属地区茶業青年の会の総会が開催されます。

17時から鹿児島きもつき農業協同組合大根占支所

事業実績と収支決算と次年度の事業計画案と収支決算案の承認など。

荒茶審査会の表彰もあるそうです。

総会終了後、懇親会も錦江町内で開催されます。

いつもは鹿屋市で総会開催されるのですが、たまにはこちらで開催しても良いのではと役員会で話がまとまったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

雪は

土、日曜日と寒い日が続きましたね。

雪の予報も出てましたが、雨が降らなくて雪になりませんでした。

田代の方に少し雪があると連絡を貰ったので子供と見に行きましたが見つかりませんでした。

田代の山奥の方だったら雪あったかも知れませんが^^;

年に一回くらいは子供達に雪を見せてあげたいですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

冬将軍

鹿児島もかなり寒くなってきました。

冬将軍到来だそうで、明日、明後日と天気予報に雪のマークが出ています。

仕事を前倒しして、さえみどりまで春肥ふりました。

雨も降って、風も出てきて大変な1日でしたが、明日はゆっくり休めそうです。

種子島から打ち上げられたロケットですが、天気がよければ見えるので写真撮ろうと思ってましたが、曇り空で何も見えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

肥料費

今日は、先日書いた「肥料高騰対策」の申請書の提出日でした。

いろんな書類を集めて肥料代計算すると大変な金額でした^^;

肥料の値段が平均1.4倍になってるそうですからね。

今年は、肥料の値段が落ち着いてきたような話でしたが。

硫安は無くなるかもとの事でした^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

郡の青年 監査

お疲れ様です。

本日は郡の茶業青年の会の総会の打ち合わせと監査でした。

無事に印鑑もらえました。

26日は大根占で総会です。

みなさんよろしくお願いします。

29日は県の総会です。

みなさん一応泊まりで予約してあります。

変更は早めにお願いします。

来月の中旬まで会だらけです・・・。

やっと終わったと思えば一番茶。

そうなったら一気に8月が過ぎ・・・・・なんか怖いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

インフルエンザ

子供がインフルエンザになってから慌ててお茶うがい始めましたがうつってしまいました^^;

昨日今日と寝込んでやっと元気が出てきました。

噂によるとけんさ君家も息子さんがインフルエンザになったそうで^^;

けんさ君もお茶うがい頑張ってください。

春肥の一回目もそろそろふり始めようと思ってますので、病み上がりですが明日から頑張りたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

インフルエンザとお茶うがい

インフルエンザが流行ってますね。

我が家の長男も高熱が出て寝込んでおります。

みなさんのお子さんも気をつけてくださいね。

お茶うがいがインフルエンザの予防に効果があるそうでいろんなところで聞きます。

我が家もお茶うがいさせとけばよかった^^;

静岡方面は小学校とかで取り組んでいるとよく聞きますが実際のインフルエンザ感染率ってどうなんでしょうね?

どこかにデータ落ちてないですかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

肥料高騰対策

役場からの手紙が来てまして、農協に行ってきました。

お茶関係のみなさんが集まって「肥料高騰対策」の話がありました。

「化学肥料の施用量等を2割以上低減するモデル実証を行う農業者グループに対して、肥料費の増加分に着目した支援を実施します。」

と言う話で、いろいろ書類を書いて申請して通れば支援されるそうです。

詳しい話はわかりませんが、みんなと話し合ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

児童のみなさんから

昨日、先日神川小学校で行ったお茶の淹れ方教室の児童のみなさんからお礼の作文(手紙?)がうちに届きました。

また、近いうちにみなさんにまわしますね。

うれしいことがたくさん書いてありますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

国際規格取得

県茶生産協会の新着情報にありました国際認証取得の詳細が南日本新聞に掲載されておりました。

記事によりますと。

南九州市の6つの荒茶工場が、品質管理の国際規格ISO9001の認証を取得した。県内の茶業界は2008年、「かごしま茶生産工程管理」(かごしま茶基礎GAP)をスタートさせ、クリーンな茶作りに向けて茶園や茶工場が一体となって動き始めたばかり。日本一の茶産地である同市では、荒茶工場が先進的取り組みでこれを補強、高品質と安心・安全をアピールして消費拡大を狙う。

同市茶業課によると、今回認証を取得したのは頴娃地区の5工場と知覧地区の1工場。県内の荒茶工場では、これまで志布志市内で1カ所があるだけだった。

認証取得は、食に対する安全志向の高まりが背景。緑茶卸・小売りの鹿児島製茶(鹿児島市南栄3丁目)の森裕之専務(36)は「昔と比べると消費者は異物混入などに神経質」。同社など一部茶商も同認証や食品安全管理の国際規格ISO22000認証を取得し、食の安全に対する管理態勢を強化しているが、販売側だけでは不十分との声もあったという。

ISO9001を取得した荒茶工場の1つ、グリーンティ折尾(同市頴娃町上別府)の折尾俊一専務(34)は「これまで、おいしく品質のいいものを作ろうとは考えてきたが、生ものを扱う工場などと比べると、食品の工場という意識が足りなかった」と話す。

同工場では、認証取得を機に、電球すべてを防虫タイプに変更し異物混入防止に万全を期した。また認証取得への取り組みが、結果的に従業員の意識改革にもつながり、工場内が目に見えて清潔になったという。

認証取得には初年度に100万円以上、その後も毎年、定期審査などで30万円ほどの費用がかかる。茶の単価が上がっていない現状では負担は重い。折尾専務は「コスト削減には限界がある。製品に安全への信頼という付加価値を付け、市場での評価を高めることは生き残り策の1つ」としている。

ISO9001を取得した南九州市の他の荒茶工場は次の通り。

折尾正光園、折尾広志製茶、小磯製茶、下窪勲製茶、菊永茶生産組合

だそうです。

付加価値をつけるにはお金がかかりますね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

岡田ジャパン

サッカーネタ続きですが。

サッカー日本代表も指宿で合宿しているそうです。

18日までの滞在のようで、23人参加されているそうです。

公開練習があるかはわかりませんが、城西と試合して欲しいですね^^

日本代表にキリングループが「アルカリイオンの水」を10ケース贈呈されたそうです。

お茶も負けてられませんねw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

鹿児島城西

毎日寒い日が続いてますね。

曇り空から時折アラレが降ってます。

仕事は出来ないので、高校サッカーの決勝戦応援してました。

あと一歩のところだったんですがね^^;

サッカー頑張った選手達が鹿児島に帰ってきたら、県茶生産協会から金メダル級のお茶の葉を支給して下さいね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

産地交流会

昨日はお昼から肝属郡と曽於郡のお茶青年の交流会がありました。

まずは、鹿屋市の茶園を2箇所見て質問や意見交換をして、その後ボウリングをしました。

ボーリングは各地域まぜまぜになって和気藹々とピンを倒しました。

0901091 09010920901093

その後、のんびり家で自由に座ってお茶の話やボーリングの話をしながら盛り上がって夜はふけていきました。

曽於の方は朝から手もみの研修をしてからの参加だったそうで密かに頑張っているよです。

2年に1回の交流行事ですがもう少し頻繁にあってもいいのかなと思ったりしながら飲んでました。

M座さんも現地研修に参加されて、久しぶりに会いましたが元気そうでなによりでした^^

ちょと小さくなってる気がしましたがw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

茶業青年団

何日か前の新聞に小さく出ておりました。

鹿児島県茶業青年団に初の女性団長

6日に鹿児島市のかごしま茶流通センターで総会を開き、団長に新原製茶店(指宿市)新原美香さん、副団長に特香園(鹿児島市)桒畑政茂さんを選出した。

若手茶商らでつくる同青年団のトップに女性が就任するのは、1975年の発足以来初めて。

新原さんは「子供たちに緑茶の良さを伝えていく活動に力を入れていきたい」と抱負を語った。

だそうです。

かなり期待してますので、消費拡大の為にドンドン頑張って欲しいですね。

携帯で見ると副団長のお名前が文字化けしますね、PCから見てください。

今日はこれから曽於地区との交流会に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

新春初取引 新聞報道

昨日の初取引の模様が南日本新聞に掲載されてました。

記事によりますと。

鹿児島県産茶の新春初取引会が7日、鹿児島市の県茶市場であった。最高値は前年を上回ったが、例年以上に下級茶の上場量が増えたこともあり、キロ平均単価は前年より347円安い525円に終わった。

初取引会には、南九州市や志布志市など12市町から401点、75トンが上場。三、四番茶の数量が前年の1.7倍に急増し、下級茶主体の取引となった。最高値は川辺地区の荒茶で3288円(前年比257円高)をつけた。

入札の合間にあった手打ち式では、県茶市場の寺師幸男会長(代読)が「需給バランスの乱れから厳しい状況となっているが、関係者一丸となって乗り切っていこう」とあいさつ。関係者約300人が三本締めで県茶業界の発展を祈念した。

県茶業会議所によると、08年の県内荒茶生産量は2万6000トン(前年比8%増)、栽培面積は8660ヘクタール(同1.5%増)に達したとみられ、いずれも過去最高を更新する見込みという。

だそうです。

需給のバランスですか、何か良い考えないですかね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

新春初取引会

鹿児島県茶市場で新春初取引会開催されました。

各局お昼のニュースと夕方のニュースで報道されてました。

昨年よりも平均キロ単価は安かったそうです^^;

一番茶が少なかったという報道もあったのでその影響もあるのかと思いますが、今年どうなるんでしょうね^^;

各局のニュースはコチラで確認してください。

動画もあります。

【MBCニュース】
http://www.mbc.co.jp/newsfile/news-v/00138853_20090107.shtml
【KKB】
http://www.kkb.co.jp/news_move/jchan_move_detail.php?news_flg=2&param1=20090107&param2=133808&param3=2
【NHK鹿児島ニュース】
http://www.nhk.or.jp/kagoshima/lnews/04.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

茶園管理開始

ゆたかみどりとさえみどりに油粕ふりました。

久しぶりに茶園の中を歩いたら足腰痛いです^^;

週間天気予報が下り坂で11日からはかなり冷え込むようで雪の予報もでていますので、明日まででやぶきた、おくみどりまで終わらせようと思います。

秋整枝以来の本格的な仕事でした。

茶園の上は杉の枝やカヤが風で乗っているので、また天気の良い日に拾わなきゃです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

油粕到着

今日から本格的に仕事初めですね。

年末に頼み直した油粕が昼過ぎに農協から届きました。

明日からボチボチふり始めたいと思います。

先日の新工場の仕事の時にくまさんと話をしましたら、年末にふり終ったそうです。

仕事が早いですね~

という事で我が家は明日から頑張ります^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

2009年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね!

年末年始は嫁の実家で過ごしていますが、あられが降っています。

とても寒く外に出られそうにないので朝から飲みたいと思います。
今年の抱負などを考えながら…

けんさ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »