« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

深緑会研修 松元町

昼食後、松元町に移動して、中園さんの茶園を見せてもらいました。

0807301

そこは、2茶後深刈りを2年に1回されているそうで、茶園が少し高めで芽数型と芽重型の真ん中くらいの感じでした。

品評会茶園仕立てを元に何年もこの管理をされているそうです。

松元町は栽培面積が220haで茶農家個数197戸で工場は21工場だそうで、まだまだ吹上地区に新植を進めているそうです。

松元も今年の茶の相場が厳しかったそうで、いろいろと反収が上がるように考えてらっしゃるそうです。

今年は転換期になってお茶のためには良かったのかもと言う話もありました。

見に行った茶園はカワサキ機工さんの工場の奥にある茶園だったのでカワサキ機工さんの事務所を借りての質疑応答でした。

わざわざ機械も展示してくださって、みんなで摘採機や防除機を見て新しい機能をみせて貰いました。

0807302

最後にお土産も貰って、申し訳ない気持ちで帰りましたが^^;

次回も是非寄らしてもらいたいと思いますw

0807303

大根占に早めに帰り着いて17時半から懇親会と研修で習った事の意見交換がありました。

最後の方は酔っ払って覚えてませんが^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深緑会研修 鹿児島製茶

深緑会の研修会無事開催されました。

役場に集合してフェリーに乗って、まずは鹿児島製茶さんにいきました。

最初に冷蔵庫を見せてもらいました。

-5度で管理しているようで、ラック倉庫の中には沢山のお茶が。

その奥にはー20度冷凍庫もあってこちらにもたくさんのお茶がありました。

これを1年で売っていくそうです。

その後、森社長さんのお話を1時間半くらい聞いて質疑応答がありました。

その中で、今後の大根占の知名度UPについての提言もあり。

1、物語性とアイキャッチャー、標語の作成

2、大根占茶の協同チラシ

3、身近なところから作戦

例えば、インストラクターによる大根占茶のPR、マスコミに取り上げられるようなイベント興しなど。

問屋さんもいろいろPRしていますが、それは自分の会社の為ですからやはり、自分の産地は自分で何とかしなきゃいけないんでしょうね。

鹿児島製茶さんからの提言は。

芽重型でお茶を作ってください。かぶせは少々色をつける位に。出物の分類はキッチリと。

最後に、東京都茶協同組合の仕上げ茶の審査会で誉の部で一等一席を受賞されたそうです。

仕上げ茶のお茶の中は、大根占産のヤブキタとサエミドリだけで作られたそうです。

そのお茶を貰って飲みましたが、確かに美味しかったです。

水出し茶もティーバックとスティックタイプを販売されていてまあまあ売れているそうです。

他にもいろいろな内容がありましたが、あまり書けませんので^^;

その後楽しい昼食になりました。

東京都茶協同組合

http://www.tokyo-cha.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

明日の研修日程

明日は深緑会の研修です。

行程は、

8:00役場出発 → 9:15垂水フェリー → 10:30鹿児島製茶 → 昼食 → 13:30松元町視察 → 15:15鴨池港 → 17:10役場

となっております。

集合時間は7時50分厳守でお願いします。

それと昼食場所ですが、JA会館を予定していましたが、職員の方もそこでたべられるそうで、時間がかかると言う事で場所変更になったと連絡がきました。

どこで食べるかはお楽しみと言うことで。

研修会で質問等ありましたらその場でどんどん聞いてください。

夜は懇親会も開催されますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これで80台

お疲れ様です。

すごく暑いですね まあ昼間ゆっくりできるのはいいのですが・・・

4時くらいからでも暑いです。

さていよいよ闘茶会の県予選の日程が決まりました。

8月25日だったと思います。

また明日研修会の夜の飲み会ででも話し合いましょう。  

あと8月8日は肝属大学農学部(青年農業士会)の研修会です。

鹿屋体育大学の教授でメンタル面に詳しい方の講演で、本もイチローのメンタル面に関する本がベストセラーになるなど有名な方です。

参加のほうよろしくお願いします。

ゴルフ雑誌のアルバにも今連載されてます。

これで80台は出そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

都バスに全面広告

隣町のねじめ漁協のお話ですが、都バスに全面広告を打ち出されたそうです。

南日本新聞によりますと。

ねじめ漁協の養殖カンパチは水産関係者の評価こそ高かったが一般の認知度はいまひとつ。

名前に「黄金」を入れてイメージを一新し県の「かごしまのさかな」ブランドとして認定。売り込み戦略に知恵を絞った。

乗客が多い路線を走る。

生きのいいカンパチが日本有数の繁華街を泳ぐ。

ねじめ漁協の総務部長は「鹿児島の天文館や垂水フェリーで宣伝するつもりだった」と明かすが、安楽組合長の「どうせなら東京でやらんか」のひと言で方向転換されたそうです。

初年度の投資は制作費込みで約400万。

「ブランド名を知ってもらえれば決して高くない」と炭之原部長。

バスを目にした小売業者が卸業者に買い付けを頼むなど効果が出始めている。

だそうです。

大根占も茶市場にお茶を運んでくださる運送会社の車に全面広告を書いて走ってもらってます。

たまには東京の方にも走るようですから、是非発見して欲しいですね。

Getattachment

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

JA茶房さつま路 イオン鹿児島店

用事があったので鹿児島市内に出かけてきました。

帰りにイオン鹿児島のJA茶房さつま路によってみました、残念ながらお茶は飲ませてもらえませんでしたが。

で、品種別に販売されているお茶の値段を見ましたが、さえみどりは680円でおくみどりは1050円で販売されておりました。

何故?w

今度の研修で聞いてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

鹿児島ブログナビ

お茶の記事がメインですが、もっといろんな方に見て貰おうと思って鹿児島ブログナビに登録しました。

鹿児島県内の方が多いでしょうから、また何かつながりや新しい発見があるかもです。

鹿児島ブログナビ

http://www.blog-navi.com/modules/yomi/rank.php?mode=r_link&id=168

ちょっと表示されるまで時間がかかったりうまく読み込まない事があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

緑茶に親しむ日

朝から涼しいうちにビーバーからっております。

県茶生産協会の新着情報によりますと、「緑茶に親しむ日」名称募集されるそうです。

記事によりますと。

鹿児島県茶業会議所が、下記により名称募集をされます。
採用された方1名には賞金が進呈されるそうです。
官製はがきでの応募のみ受付。
関係者も大歓迎。ただし個人名で応募してください。
たくさんの応募お待ちしております!




                          平成20年7月24日
各 位
                    鹿児島県茶業会議所

          『緑茶に親しむ日の名称募集について』

 本県茶業界におきましては、今年から11月23日に消費者の皆様が緑茶のことをもっと知り、緑茶にもっと親しみを持って、美味しい緑茶を味わってもらえるような活動を展開することと致しました。
 つきましては、このように緑茶に親しむ「日」の名称を一般募集いたしますので、沢山の方々の応募をお願い致します。
 なお、緑茶の日(八十八夜の日)、日本茶の日(10月1日)は、既に制定されておりますので、申し添えます。

                      記

1 募集内容 消費者の皆様が緑茶のことをもっと知り、緑茶にもっと親しみをもって、皆が美味しい緑茶を味わって頂く日の名称

2 募集要領
 (1)募集期間 平成20年8月1日(金)~8月29日(金) 
         ※当日の消印有効
 (2)応募方法 官製ハガキに「緑茶に親しむ日の名称」1つと、郵便番号、住所、連絡先電話番号、氏名、年齢を記入して、次の宛先へ郵送してください。(個人名での応募をお待ちしております。)
 〒891-0122 鹿児島市南栄三丁目12番
       鹿児島県茶業会議所 緑茶に親しむ日名称 係
 (3)賞品 名称が採用された方1名に賞金3万円を進呈します。※採用者が複数の場合は抽選で1名を選び、その他の採用者には3千円相当の品物を進呈します。
 (4)名称の発表 鹿児島県茶業会議所ホームページ上で公表します。

【鹿児島県茶業会議所】
http://www.ocha-kagoshima.jp/index.html

だそうです。

何か良いアイデアありましたら、応募してふかみ会の事業収入にしましょうw

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

鹿児島ー静岡に定期便

かなり前に、富士山静岡空港間に鹿児島ー静岡の飛行機をと交流団の方が来られた事を書きましたが、その続きが発表されました。

南日本新聞の記事によりますと。

 鹿児島空港と2009年3月開港する静岡県の富士山静岡空港間に、静岡市の航空会社「フジドリームエアラインズ(FDA)」(鈴木与平社長)が来年7月をめどに、定期路線を開設する計画があることが23日分かった。同社は就航予定路線の詳細や機体デザインなど事業計画について25日、正式発表する。
 鹿児島県などによると、FDAは静岡県内で物流業などを展開する「鈴与」(静岡市)が今年6月に設立。静岡空港を拠点に、地方都市や近距離の海外都市を小型機で結ぶ航空事業の展開を狙い、今年秋に国へ事業認可を申請する予定という。ブラジル製の小型ジェット機ERJ170型(76席)を使用、約1時間半で両空港を結ぶ計画。
 静岡県は当初から静岡空港発着の国内線として、鹿児島、札幌、福岡、沖縄の4路線を設定。これまでに札幌、福岡、沖縄は日本航空と全日空が運航することが決まったが、鹿児島だけ開設のめどが立たず、今年に入って静岡県職員や県議会議員らの交流団が来鹿するなど、開設実現への取り組みが本格化していた。
 静岡県の調査によると、静岡と鹿児島の人的交流は年間約8万人。茶やウナギ生産など産業面でも共通点が多く、関係拡大が期待できるという。
だそうです。
東京、愛知で飛行機下りても新幹線に乗り変えるのが面倒ですからね。
ますます交流が深まるでしょうね。
でも帰りは東京に寄って遊んで帰りたいですねw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

緊急アピール採択

何か楽しい記事が無いかと県生産協会を見に行くと新着情報が。

新着情報によりますと。

全国茶生産団体連合会は7月17日(木)総会で、『緊急アピール~日本のお茶を守ろう~全国10万茶生産農家の叫び』を採択したとともに、会議後直接自民党を訪れ、伊吹幹事長ら三役に会い燃料価格の低減対策などを求めたそうです。

緊急アピールは以下のとおりです。

『緊急アピール』―日本のお茶を守ろう―全国10万茶生産農家の叫び

平成20年7月17日 第72回全国茶生産団体連合会総会

日本のお茶は、わが国農業の重要な農作物として地域産業の振興と自然環境の保全に大きく貢献し、また古くからの伝統飲料として国民生活に定着し、社会生活、文化の発展・向上に大きな役割を果たしてきました。

しかし、日本の緑茶の生産を取り巻く環境は極めて厳しく、急須で淹れるお茶(リーフ茶)の需要は年々減少し、茶の生産者価格は大幅に下落する一方、原油価格の高騰に加え肥料等生産資材価格も大幅に上昇し茶生産農家の経営は自らの努力による克服の限界を超え、茶生産の断念あるいは離農を与儀なくされている状況にあります。

まさに今や、茶生産農家にとって存亡の危機にあり、いずれ日本から緑豊かな茶園と滋味豊かで健康に寄与してきた日本緑茶がなくなることさえ危惧しており、これは生産者および消費者にとって極めて不幸なことです。

その主な要因は、リーフ茶の消費の減少と原油価格の高騰にあります。

よって、生産者自ら決意し、多くの消費者に美味しいお茶を沢山飲んでいただくために次のことを強く訴えアピールします。

1 茶生産者の決意
生産者一人一人が自ら茶の消費宣伝活動を行うとともに一層の経営改善に取り組みます。
①ここでひるまず、あきらめず、踏ん張って美味しいお茶作りに励みます。
②自らセールスマンになって、あらゆる場で、どんな時にも、あらゆる人に向けて幅広く呼びかける「リーフ茶を飲もう運動」に取り組みます。
③茶の生産工程を今一度見直し、さらなる経費削減に努めます。

2 消費者への理解と期待
消費者の皆様方は、日本の気候風土に育まれた天然・自然、安全・安心なお茶を是非とも急須で淹れてご賞味ください。
①お茶は健康効果が高く、大地から育った素晴らしい飲料です。
②お茶を美味しく、楽しく、心を癒して飲むには何といっても「リーフ茶」です。 勿論、水でも美味しく淹れられます。

3 政党、政府への要請
生産者は原油価格の高騰を茶価に転化することは困難です。政党、政府は早急に次の対策を講じられるよう強く要請します。
①農業用化石燃料及び肥料等価格の低減対策を講ずること
さらに、
②抜本的な省エネ型製茶機械の開発
③非化石エネルギーの開発



生産者自身が足元を見直して地道でも生産改善に努め、またその立場、条件に応じて消費拡大運動をされるよう切にお願いしたい。
全生連としてもそれを後ろ盾に強く対外要請活動に努めていくとのことです。
また農林水産省、政党そして全国茶商工業協同組合連合会にも強く協力をお願いしているそうです。

(社)日本茶業中央会の動きにも期待したいところです。

【全国茶生産団体連合会】
http://www.zennoh.or.jp/bu/nousan/tea/index.htm

誰かに頼っても消費が伸びる訳ではありませんからね、1人1人が宣伝していくのは良いことだと思います。

何かしないと始まりませんからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

土壌診断サンプル

今日は大暑という事で、日本列島かなりの暑さでしたね。

ドコかは37度4分あったそうです。

で、土壌診断の提出日が今日までだったので持って行きました。

080722

本当は5日くらい前に茶園の中から土を取ってきて新聞紙に広げて陰干しで乾燥させるのですが、水出しの準備で忘れてて昨日採取したのをそのまま持って行きました^^;

一ヶ月後くらいに診断されてデータが帰ってきますのでそれを見て施肥とアヅミンを調整したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

サザンビーチバレーで水出し茶

みなさん暑い中、朝早くからお疲れ様でした。

水出し茶は大盛況でした。

Dvc00299

ビーチバレー大会と言う事で年齢層が若くてちょっと心配でしたが。

お茶を配りながら感想を聞きましたが、美味しいという意見が多かったです。

コップも300個用意してましたがコップが無くなって、おかわりする時は同じコップを持って来て貰うほどでした。

アンケートも書いてもらいまいしたので集計してまたUPしたいと思います。

ちらっと見た感じでは、水出し茶は美味しいけど、自分ではしないが多かったです^^;

やはり若者は面倒なのはダメなんですかね^^;

Dvc00297 Dvc00298

今回は、水出し茶を知らない方も多かったのでかなりPRにはなったと思います。

初めの一歩ですので、今回の反省を生かして次回につなげていきたいと思います。

夏は暑くて大変なので涼しい頃にした方がいいのかな。

福さん、折さん、取さんご協力ありがとうございました、明日はゆっくりお休みください^^

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

いよいよ明日

いよいよ明日が水出し茶本番ですね。

明日の道具の準備は折さんと取くんにお願いしてあります。

明日の予定ですが。

僕が6時に家で40L分の水出し茶を作ってきますので8時半頃から飲み頃になると思います。

朝7時農協集合で机と椅子を借りてビーチバレーが始まる前に運び込みたいと思います。

けんさくんとけんたくんが朝から来れるそうなのでお願いします。

けんさくん軽トラできてくれればありがたいですが。

で、二手に分かれて、氷を買いに行って、折さんが持ってくる入れ物に8時頃お茶を作りたいと思います。

それで100L分水出し茶が出来ますので後は様子を見ながら空いた容器に作り添えたいと思います。

ティーバックに160L分お茶の葉を詰めたので何とかならないかな。

お天気は台風の影響もなく良いようですから頑張りましょう。

それとお湯出しの氷割りように電気ポット持って行きます。

お茶の葉っぱは浩さんから取くんが預かってもらっています。

のぼり旗も借りましたので朝からそちらも設置したいと思います。

鹿児島茶のはっぴもあるようですから暑いでしょうが着てください。

夕方は夏祭りの準備とも重なるでしょうから早めに切り上げる予定です。

アンケートも準備しました。

初めてなのでわからない事が多くて手探り状態ですので、何か気づいた事があったらその場でどんどん言ってください。

熱中症にならないように水分補給に気をつけて頑張りましょう。

明日はよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

第一回夏期講座

昨夜は肝大の第一回夏期講座がありました。

モーターを作る会社の社長さんの成功の秘訣のビデオを見てその後みんなで感想を話し合う講座でした。

成功する方は、前向きでやる気があって、何が何でも実行するそうで。

夢は実現できると言うことでした。

他にもイロイロ良い事を沢山お話しされてました。

まずは、僕も大きな夢を持とうと思います。

それと、肝大からの連絡事項で8月8日は児玉先生の講座があるので、参加をお願いしますとのことでした。

それから、9月26日の一周年は夫婦同伴で参加してとの事でした。

7月20日に肝大の事が南日本新聞に掲載されるそうで、会長がインタビューを受けたそうです、楽しみですね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

製造中

お疲れ様です。

毎日朝3時過ぎからの製造です。 

朝早くは気持ちいいものです。

5時くらいには汗だらだらですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

雨模様

お天気下り坂のようですね。

予定より2、3日早いのですが、ヤブキタの浅刈りしました。

曇ってたら葉っぱが日焼けしないかなと思って。

病気が入るとなんにもなりませんが^^;

これから秋整枝の10月中旬まで伸ばします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

献血 お知らせ

毎日暑い中お仕事お疲れ様です。

急な話ですが、今日はお昼から役場で献血があります。

元気な方は献血お願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

アンケート内容は

アンケートにご協力ください。

1、今回の水出し茶の味はどうでしたか?

2、家で水出し茶を試してみようと思いますか?

3、普段はお茶を飲まれますか?

4、錦江町でお茶が作られていると知ってましたか?

5、鹿児島がお茶の生産量全国2位と知ってましたか?

6、お茶が盛り上がるようなアイデアがあればお聞かせ下さい。

なんてどうでしょう?

追加項目やご意見ありましたらコメントお願いします。

金曜日までには決めたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

水出し茶 準備2

水出し用のプラコップ買いに行って来ました。

水出し用に300個、お湯出し用に100個用意しました。

全部無くなるくらい大盛況だと良いですね。

それと、配布用の水出し茶の作り方用紙ですが、茶生産協会のHPにありましたので、それを参考に作りました。

簡単なアンケートも作ってみようかと思ってます。

後でココに書いて見ますのでみなさんの意見を教えてください。

深緑会から研修旅行と水出しの手紙がそろそろ届くと思いますので、出欠もよろしくお願いします。

研修旅行は参加人数が少ないと中止になりますので、参加よろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

水撒き

毎日暑いですね。

梅雨明けも例年より早かったので茶園も乾燥ぎみです。

クワシロ調査で福さんが、「乾燥する前にスプリンクラーを回して水分補給をしてみれば」との事でした。

いつもは乾燥してから10日に1回3時間くらい回すのですが、早速夕方回しました。

スイッチ入れたら、目詰まりやゴムパッキンの傷みで、まずは修理からでした^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

第二世代調査

最近茶園で発生が見受けられる、クワシロカイガラムシの第二世代の発生調査がありました。

仕事を早めに切り上げて茶園を回って枝を採取して農協に行きました。

今回も調査方法は、実体顕微鏡下で採集した枝の雌成虫の介殻を剥がしてふ化率を調査する方法でピンク色の小さいのが生まれてるのを見て薬をかける日を決めます。

我が家は、早いところがすぐに防除、中間地帯が16日~20日、遅場が21日~だそうです。

早速夕方防除しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

長女誕生

お疲れ様です。

けんささん待望の女の子が生まれたそうですね。

おめでとうございます。

子供のためにも来年へ向けての茶園管理がんばりましょう。 

あと郡の青年の会の役員会を8月4日にしようと思ってます。

よろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

茶摘技術大会 2008

今年も盛大に開催されたようですね。

20080709n0005

南日本新聞によりますと。

南九州市知覧で、乗用型機械による茶摘み技術を競う恒例の大会が8日あった。

精鋭10組が茶どころのプライドをかけ、長さ100メートルのうねで速さと正確さを競った。 

「世界で唯一」と胸を張る名物行事とあって、関係者らは大会名を英語で記した帽子をかぶるなど、ちゃめっ気もたっぷり。

霜出勘平市長は「茶価の低迷を吹き飛ばして」と激励した。

昨年12月の合併で茶の栽培面積、生産量ともに市町村で日本一になってから初開催。参加枠を頴娃、川辺地区にも拡大し、初出場の東純平さん(25)=川辺町高田=は「だいぶ緊張した。

みんな速いので意識しないようにした」と話した。

だそうです。

摘採も高さと速度と回転数のバランスが難しいですからね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

県茶業振興大会 鹿屋  お知らせ

本年度の県大会は鹿屋市で開催されます。

県茶業青年の会では「スポーツ交流会」を行っておりますが、今回、鹿屋市では新たに「茶業青年の夕べ」を開催するそうです。

11月14日 13:00~16:00に田崎のグランドゴルフ場でスポーツ交流会、18:00~20:00 ホテルさつき苑にて「茶業青年の夕べ」です。

後日、出欠を取りますのでできる限り予定を空けていて下さい。

地元肝属開催ですので数多くの参加を希望します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

水出し茶 準備

水出し茶を入れるカップの事で業者に資材を下ろすようなお店に行って見ました。

400ccのプラコップが50個入りで680円、フタが50個入りで190円、ストローが500本入りで530円くらいでした。

コレを300個準備するとしたら、5720円ですね。

225ccのフタの無いタイプは100入りで525円くらいでした。

まだ買ってませんが、コレのどちらかで良いですかね?

氷屋さんに氷の事を聞いたら、大きいブロック氷と製氷機の氷よりもう少し大きいキューブ氷もあるそうです。

またちょっと調べてみますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中州の帝王には・・・

残念ながら酒に呑まれてしまいました。

しかし、日曜日にキャナルシティで「ライオンキング」を見ましたが、博多弁での公演は楽しかったですよ。

子供にも見せてあげると喜びますので(お勧めです)

それと我が母校福岡大学に「かごしま茶」配ってきました。

八女茶とともに「かごしま茶」も飲んでいただきたく。

研究室などはいろいろな企業等のお客様が来られるためお茶結構飲むんですよ。

地道なPR、長い目で。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4万アクセス

七夕ですね。

今日は早めに電気を消して天の川眺めてみましょう^^

昨夜4万アクセス突破しました。

これも皆様のおかげです、これからもよろしくおねがいします。

みなさんのコメントにお返事が遅れてますが、夜は飲んでるので変な事書くとまずいので、お昼に返事を書いておりますw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

九州南部梅雨明け 2008

今日はメチャメチャ暑かったです、気象庁から梅雨明けの発表もありました。

MBCニュースによりますと。

平年より7日早い梅雨明けで強い日差しを受けて気温も上昇しました。

鹿児島地方気象台によりますと、九州南部は、高気圧に覆われ、おおむね晴れています。

向こう1週間も湿った空気の影響で曇る日はありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。

このため、気象台はきょう「九州南部は梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

九州南部の梅雨明けは、平年より7日、去年より12日、いずれも早くなっています。

梅雨に入った5月28日からきのうまでの総雨量は、鹿児島市で平年より240ミリ余り多い784ミリ、屋久島で320ミリ余り多い1140ミリなどと軒並み平年を上回っています。

梅雨が明けた鹿児島市では夏空が広がり強い日差しを受け気温が上昇しました。

最高気温は、鹿児島市喜入で35度と県本土ではこの夏初めて猛暑日となったほか、鹿児島市東郡元で34.7度、志布志で34.2度などきょうも厳しい暑さとなりました。

だそうです。

これから暑い夏がやってきますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

中州制覇しに

不肖「村」二次会終了のためこれより中洲制覇しにがんばります(^^ゞ

ちなみに、今日の料理は「なだ万」でした(^.^)b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

三番茶開始 村

うちも今日から三茶製造でした。

5時より蒸し始めました。

で、16時に蒸し終了。

今日中には帰りつきますが、明日は朝一で福岡に大学の後輩の結婚式に行きます。

でもって、日曜日は福岡シティ劇場で「ライオンキング」を鑑賞してモツ鍋食ってきます。

また、月曜日から製造します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三番茶開始 浩

お疲れ様です。

今日から三茶始まりました。

朝4時くらいから製造していきなり12000キロ超え・・・

今日中に帰れるかな? 

べにふうきも摘採しました。  

工場の中はサウナ状態です。  

さて、肥料もカリが高くなってるようですね。

夏茶の時期のカリは必要なのでしょうか?

折さん教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

淹れ方教室開催中

3番茶いよいよ始まりました。

我が家もゆたかみどりを少し摘みました。

夕方けんさくんに会いましたがけんさくんも朝早くから摘まれたようです。

他の茶工場も製造が始まっているようです。

で、世間話をしましたが。

各地で行われているお茶の入れ方教室がありがたい事でいう話になりました。

新聞分にも載っていましたが、鹿屋市串良町の上小原小学校でも5年生49人がお茶の実態や伝統文化、生産方法などを学びお茶への理解を深めたそうです。

日本茶インストラクターの川前康博さんの指導のもと、おいしいお茶の入れ方にも挑戦したそうです。

県茶生産協会の新着情報にもいれ方教室の情報がありました。

7月2日現在、県内の小学校(離島含む)で16ヶ所563名の小学生を対象に開催されたそうです。

水出し煎茶の紹介もあったようで、人気だったとか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

深緑会役員会2 お知らせ

そろそろ大根占も3番茶始まりそうな感じですね。

深緑会の水出し茶と研修旅行の話をもう少し詰めたいので来週の10日頃茶摘がなければ夕方役員会を行いたいのですが。

水出しは、コップの数と氷の準備と段取りや集合時間を話し合いたいと思います。

PR用に紙で試飲の看板も作らなきゃですね。

先ほど役場に行って、企画課の方と話をしてきました。

水出しと急須だしを行う予定で、電気が使えれば手軽に電気ポットでお湯を沸かせると思ってお願いしましたら、大丈夫とのお返事がありました。

それと、賞品にお茶を出しても良いかとお願いしましたら、喜んでとのお返事でした。

何個出すかとかは話してませんので役員会で決めましょう。

1チーム3名なので3人分3個は必要ですね、そんなにお茶があるかな^^;

研修旅行は、研修先の追加とレンタカーの段取りと帰ってきてからの夜の段取りの予定です。

研修日も決めて手紙を早めに出して参加者の人数も把握が必要ですね。

何かありましたらコメントください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

第3回お茶の達人養成講座 お知らせ

今年も残り半分になりましたね。

県茶生産協会の新着情報によりますと、第3回お茶の達人養成講座が開催されるそうです。

詳細は

鹿児島女子短期大学及び鹿児島県茶業会議所主催の
『第3回お茶の達人養成講座』が下記により開設されます。

【日程】平成20年8月~11月。
   第1第3土曜日を原則とする(8月と11月は変則)

【対象】お茶を愛好する方、お茶とその文化に深い関心(興味)を持っておられる方
   定員は50名(申込みの多い場合は抽選)
【受講料】18,000円(15回分)
   申込み・抽選後に送付される別紙を参照の上、受講料をお振込みください。振込みの確認をもって受講の受付と致します。
【会場】鹿児島女子短期大学 紫原キャンパス
   調理研究所試食室、調理室(鹿児島市紫原1-59-1)
【備考】12回以上出席された方には、閉講式にて「終了証」を授与いたします。
【申込み、お問い合わせ先】
   鹿児島女子短期大学 http://www.jkajyo.ac.jp/
      〒890-8565鹿児島市紫原1-59-1
      TEL099-254-9191 内線226 福司山
      FAX099-254-5914
【講座内容】
第1回 鹿児島のお茶の歴史
第2回 お茶の栽培と製茶(緑茶)
第3回 お茶の科学
第4回 緑茶の鑑定技術
第5回 緑茶と健康
第6回 おいしいお茶のいれ方
第7回 お茶に関する最新の科学情報
第8回 紅茶の知識、いれ方、飲み方
第9回 お茶の成分とその効能
第10回 中国茶の知識、いれ方、飲み方
第11回 お茶の香りと生成機構
第12回 日本の茶道文化Ⅰ
第13回 日本の茶道文化Ⅱ
第14回 食生活と茶懐石の思想
第15回 食べるお茶の方向性

【主催】鹿児島県女子短期大学(食物栄養学専攻)、鹿児島県茶業会議所
【協賛】JA鹿児島県経済連茶事業部、日本茶インストラクター協会鹿児島県支部、現代喫茶人の会鹿児島懇話会

だそうです。

教えてもらいたい講座がおおいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »